赤に染める


疲れ切って家に帰るバイト終わりの夜は
何一つ面倒と化して 明日さえも見たくない
野望はあって デカイ顔で根拠の無い自信を語った
信じきったフリをして 押し寄せる不安を無視した


正解なんて解らなくて前が見えているフリをして
戸惑う同い年を見下ろして お前は一体何様なんだ


悪魔の声も聞かず魂さえも売れないで
俺は違うってお前ふざけんじゃねぇよ
必死で自己を肯定して 半端な覚悟は1人前
自分に怒る視界は赤色に染まる


見過ごしてきた妥協や不満の
ツケを払うのは結局この先で
甘い誘いも自分のものなら
捻じ伏せるのは自分だけで良い


悪魔の声を掻き消す魂の声を聴けよ
俺に向かって叫ぶ「ふざけんじゃねぇよ」


悪魔の声も掻き消す鋼の音をくれよ
無言のままで叫ぶ「ふざけんじゃねぇよ」
静かな夜の革命 容易く世界を変えよう
自分を誇る視界は赤色に染まる

twitter:@93_kjsd

Eggs:93_kjsd